女性の育児休業取得実績がある企業は84%、課題は代替要員(エン・ジャパン調べ)

女性の育児休業取得実績がある企業は84%、課題は代替要員

転職サイト「エン転職」など人材採用サービスのエン・ジャパンは2016年8月10日、自社サイト利用企業を対象にした「育児休業」についてアンケート調査をおこない、「企業の育児休業実態調査2016」を発表しました。

⼥性の育児休業取得実績がある企業は84%、男性は15%

調査結果によると、⼥性の取得実績があると回答した企業は84%と3年前の同調査に比べ3ポイント増加、男性でも15%と前回調査(13%)より2ポイント増加という結果になりました。

育児休業の取得実績

画像出典はエン・ジャパン http://corp.en-japan.com/newsrelease/2016/3346.html

取得率を企業規模別に見ると、一番率が高いのは501名以上の95%、次が301~500名で94%、もっとも低いのは1~100名で77%となりました。従業員数の多い企業ほど、⼥性の育児休業取得実績が高いことがわかります。

一方で、男性の取得率を企業規模別に見ると、501名以上の35%、次が301~500名の22%、もっとも低いのは1~100名の7%となっています。

女性の育児休業の取得実績

女性の育児休業の取得実績

育児休業を取得させる上で感じている課題は代替要員の確保とコスト

また育児休業を取得させる上での課題について聞いたところ、「休業する社員の代替要員の確保とコスト」が73%ともっとも高く、次いで「休業から復職後の職場の確保」の47%、「休業した社員への評価、昇進・昇格、仕事の配分の課題」の26%、「男性社員の育児参加、制度利用」の20%、「休業しない社員の不公平感」の19%と続きます。

特に最低限の人数で業務を⾏っている中小企業の場合、『代替要員を確保しても復職後に余剰人員の配置などが難しい』、『不人気業種なので、そもそも人が集まらない上に採用・雇用コストがかかる』などの声があがっています。

育児休業を社員に取得させる上での課題とその理由

育児休業を社員に取得させる上での課題とその理由
画像出典はエン・ジャパン http://corp.en-japan.com/newsrelease/2016/3346.html

約半数の企業が、育休取得者が復職しやすいよう対策済み

また、育児休業を取得した社員が復職しやすいような措置をとっているか聞いたところ、「休業前に面談を実施」「復職前に面談を実施」「休業中に職場の同僚・上⻑と情報交換」「休業中に人事・総務部門からの定期的な連絡」など約半数の企業が措置をとっていると回答。従業員数501名以上の企業では約7割の企業が何かしらの措置を講じているようです。

同アンケートは、エン・ジャパンが運営サイト『エン 人事のミカタ』(https://partners.en-japan.com/)の利用企業233社を対象にインターネットによるアンケートを実施しました。

転職面接・試験前にこちらをぜひどうぞ

転職活動、特に採用面接はノープラン(無計画)、ノーガード(無防備)で挑まないようにしましょう。事採用企業側の求めている人材を把握すること、自分の性格の強み・長所短所を把握すること、明確な職業意識、強い就労意欲があることが大事です。

無料で10分、あなたの性格特性や想定年収を診断実施中

無料で10分、あなたの性格特性や想定年収診断を実施中!転職面接の前にこれまでに40万人以上が受けた診断テスト(無料)をぜひ受けておいて下さい。たった10分で「自分の特性」や「予定内定社数」や「予想年収」が一緒にわかってしまうという優れものです。自分の転職力点数や総合順位が出る上、各項目ごとに詳しい解説があります。さらに終了後は求人情報も見られるので一石二鳥!
「@type(アット・タイプ)-無料で10分、性格特性や想定年収診断」へ

今の年収は適正なの? スマホでそっと調べよう!

今の年収は適正なの? スマホでそっと調べよう!一問一答形式に答えていくだけで今のあなたの評価や年収が適切なのかどうかが分かります。ちなみにS君(26歳)はフィット年収が602万円と出て「こんなに上がるの?!」とびっくり。
「今の年収は適正なの? スマホでこっそり調べよう!」

女性の方はまず「女の転職@type(アット・タイプ)」がおすすめ

女の転職@type(アット・タイプ)女性の方はまず「女の転職@type(アット・タイプ)」をおすすめします。無料です。掲載されているのはいずれも女性歓迎(女性を採用したい)の企業ばかりなので、安心して転職先を探すことができます。
「女の転職@type(アット・タイプ)」登録(無料)ページへ

関連記事

  1. 転職した人の平均年齢は32.3歳と、男女ともに過去最高値を更新
  2. 女性のための再就職支援セミナー&個別相談会
  3. 「マザーズハローワーク」って何?仕事と子育てを両立したい女性再就職なら活用してみて
  4. 「女性の転職ノウハウ」採用決定!入社までに準備すべきことは?(家庭編)
  5. 保育士の有効求人倍率-各都道府県の2016年と2015年比較
  6. 有給休暇の取得日数、年間で「5 日以下」が 50%以上 - では取得しづらい理由は?

転職体験談(成功・失敗)

  1. 食品専門商社へ転職
  2. [転職体験談] クレジットカード会社に転職したY.Sさん(男性)のケース (内定辞退の話も)
  3. [転職体験談] 美容卸業界から飲料卸会社に転職を決めた愛知県のS.Nさん(男性)
  4. [転職体験談] 実務翻訳者から南の島で念願の広告代理店に転職(沖縄県R.Nさん女性)

面接の前に自己診断を!

面接の前に「自己診断テスト(無料)」をして、自分の強みを言えるようにしておこう

入社したい会社の面接は緊張するもの。面接官は役職付きのケースがほとんどだからプレッシャーもかかります。無料の「自己診断テスト」で自分の強みを上手にアピール出来るようにしておきましょう。 自分の強みを把握して、面接の自己アピール