男女平等ランキング2016、日本は世界で111位、先進国でも最低レベル

世界経済フォーラム(WEF)が2016年(平成28年)10月に発表した男女平等の度合いを表す「ジェンダー・ギャップ指数」2016年版によると、日本の順位は世界144か国中111位と、前年の101位からさらに後退しました。安倍政権の最重要課題のひとつ「女性が輝く社会」の掛け声とは裏腹に、いっこうに改善されない男女の格差が明らかになっています。
詳しくはジェンダー・ギャップ指数 2016年版( 男女平等の度合いランキング )をご覧下さい。

ジェンダーギャップ指数

世界から置いていかれる日本社会

ジェンダー・ギャップ指数」は、経済活動や政治への参画度、教育水準、出生率や健康寿命など4つの分野から算出されており、日本は「経済参画」は118位、「教育機会」は76位、「政治参画」103位、「健康と生存」40位、トータルで世界144か国中111位でした。
特に給与、参画率、専門職での雇用の「経済参画」、女性の政治への参加率、閣僚の地位、行政の長の率の「政治参画」において著しい男女格差が見られます。

この数字はG7の先進国の中ではもちろん最下位、新興先進国のロシア、インド、中国、ブラジルよりも低くなっています。
詳しくはジェンダー・ギャップ指数 2016年版( 男女平等の度合いランキング )をご覧下さい。

転職面接・試験前にこちらをぜひどうぞn

転職活動、特に採用面接はノープラン(無計画)、ノーガード(無防備)で挑まないようにしましょう。事採用企業側の求めている人材を把握すること、自分の性格の強み・長所短所を把握すること、明確な職業意識、強い就労意欲があることが大事です。

無料で10分、あなたの性格特性や想定年収を診断実施中

無料で10分、あなたの性格特性や想定年収診断を実施中!転職面接の前にこれまでに40万人以上が受けた診断テスト(無料)をぜひ受けておいて下さい。たった10分で「自分の特性」や「予定内定社数」や「予想年収」が一緒にわかってしまうという優れものです。自分の転職力点数や総合順位が出る上、各項目ごとに詳しい解説があります。さらに終了後は求人情報も見られるので一石二鳥!
「@type(アット・タイプ)-無料で10分、性格特性や想定年収診断」へ

今の年収は適正なの? スマホでそっと調べよう!

今の年収は適正なの? スマホでそっと調べよう!一問一答形式に答えていくだけで今のあなたの評価や年収が適切なのかどうかが分かります。ちなみにS君(26歳)はフィット年収が602万円と出て「こんなに上がるの?!」とびっくり。
「今の年収は適正なの? スマホでこっそり調べよう!」

女性の方はまず「女の転職@type(アット・タイプ)」がおすすめ

女の転職@type(アット・タイプ)女性の方はまず「女の転職@type(アット・タイプ)」をおすすめします。無料です。掲載されているのはいずれも女性歓迎(女性を採用したい)の企業ばかりなので、安心して転職先を探すことができます。
「女の転職@type(アット・タイプ)」登録(無料)ページへ

転職体験談(成功・失敗)

  1. 食品専門商社へ転職
  2. [転職体験談] クレジットカード会社に転職したY.Sさん(男性)のケース (内定辞退の話も)
  3. [転職体験談] 美容卸業界から飲料卸会社に転職を決めた愛知県のS.Nさん(男性)
  4. [転職体験談] 実務翻訳者から南の島で念願の広告代理店に転職(沖縄県R.Nさん女性)

面接の前に自己診断を!

面接の前に「自己診断テスト(無料)」をして、自分の強みを言えるようにしておこう

入社したい会社の面接は緊張するもの。面接官は役職付きのケースがほとんどだからプレッシャーもかかります。無料の「自己診断テスト」で自分の強みを上手にアピール出来るようにしておきましょう。 自分の強みを把握して、面接の自己アピール